cygwin の GNU octave で wav ファイルを読み書きする

1.
sourceforge から wavread.m と wavwrite.m をダウンロードする.
http://octave.sourceforge.net/index/index.html

適当に場所を決めて,そこに置く.たとえば,

~/octave/dl_m/

を作って,そこに置く.

2.
~/octave/dl_m/ に octave のパスを通す.つまり,~/.octaverc に次の行を追記する.

LOADPATH = [ ":/home/noike/octave/dl_m/", LOADPATH ];

これは,~/ が /home/noike/ 場合の例.
.octaverc では,~/ 表記が使えないっぽいので,フルパスで書く.

3.
ひょっとしたら,環境変数 HOME が ~/ を(/home/noike/ を)指している必要があるかもしれない.

------
テスト方法:

適当な wav ファイルを用意する.
X Window System を起動する.
[スタート]
→[すべてのプログラム]
 →[Singular CAS]
  →[Start X]

次のように入力する.

octave> [s, fs] = wavread("tekitouna.wav");
octave> plot(s);

wavread() の後の ; を忘れずに.
plot() は,少し待たされる.
波形が表示されれば,おっけー.

sound() が利用できるようにしてあるのなら,

octave> [s, fs] = wavread("tekitouna.wav");
octave> sound (s, fs)

で鳴る.

------

cygwin の GNU octave で sound を使う:
http://cancoffee2.at.webry.info/200605/article_42.html

この記事へのコメント