いい商売:Finale

Finale 2007 日本語版リリース
http://www.cameo.co.jp/finale/

毎年ちょっとしたバージョンアップをするだけなのに,かなりのユーザが購入するんだろうなー.
普通の人(アカデミック版で買えない人)だと,60000 円くらいするんじゃなかったかな.
過去 10 年分くらいのバージョンをセットにした「メモリアルセット」のようなものも売っていた気がする.
古いバージョンや,バージョン変遷に価値があるのか(^^;)
いい商売だなー(笑).

Sibelius は知名度や販売数で Finale にかなり負けているようなので,確かに Finale は「世界標準」になったのかも.
これで版下を作って出版している楽譜出版社もあるらしいし.

いま,こういうふうに商売を成立させるとしたら,どう分野があるのだろう.
「毎年バージョンアップしてリリースしなければならない」という縛りはあるものの,いい商売だと思う.

この記事へのコメント