「甥」という漢字は,使えないことになったんだっけ?

「甥」という漢字は,使えないことになったんだっけ?

「平山画伯のおいです。油絵描いて送る」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070821k0000m040097000c.html


なんか,意味を取るのに,ちょっと間を要してしまった.

この記事へのコメント

どりこの
2007年08月21日 23:58
「新聞漢字表」なる文字集合があるそうです。(Wikipedia)
2007年08月22日 06:59
おぉ,こちらではお初ですね.
コメントありがとう.今後もよろしくー.

「最近の『新聞漢字表』には『甥』は入っていないのだっけ?」というのが,本記事の主旨ですが,どりこのさん,そのあたりは詳しいですか?
前は入っていたような気がするのです.
2007年08月22日 13:34
手元に 1989 年の「毎日新聞用語集」がありますが、「おい」とする、となっています
多分「常用漢字」に入ってないんじゃないかと思います
全般的な傾向として、漢字による表記を許容する向きにあるので、逆はないんじゃないかなぁ
漢字制限 緩和 でググって 8 位にこんなのが
http://homepage1.nifty.com/akshiba/kotoba_mozi/hyookinotooitu03.html
2007年08月22日 15:12
情報,ありがとー!
毎日新聞的にはずっと「おい」だったのですね.

何かで「甥」,「姪」,「叔(叔父,叔母)」を見た気がしているのだけど,別の書物だったのかもしれないです.

> 全般的な傾向として、漢字による表記を許容する向きにあるので、

そうそう.いいことですよね.
すでに,各新聞社で,常用漢字に加えたり減らしたりしています.
2007年08月22日 15:26
読売新聞の相談コーナーで使っていました.
同じ読売でも社会面では使わないようにしているようです.
編集方針があるんだろうなぁ.
2007年08月22日 19:48
記者が参考にする、基本的に記者の書くものについての用語集なので、寄稿等の文章での扱いはどうなのか難しいところがあると思います。
校閲部にはまた違う辞典があるかもしれないし。校閲部の人によるコラム、単行本になってないよなぁ