デットライン

「ディスク」を「デスク」とつづっちゃう人の心情はよくわかるけれど,
「デッドライン」を「デットライン」とつづっちゃう人の心情はよくわからない.

「ラップトップ」と「タップトップ」とつづっちゃう人の心情はよくわかるけれど,
「インストール」を「インストロール」とつづっちゃう人の心情はよくわからない.

今日は,別々の人から,別々の件の締め切りについて催促されてて(^^;),二人とも「デットライン」と書いてあって不思議だった.

この記事へのコメント

2008年02月13日 19:21
はじめまして。カタカナで かく ことが idiotの やる ことです。Jumperを ヂァムバアか ヂァムパアか ば/ぱ どちらも おなじに みえます。カタカナの ケッカンの 1つです。Alphabetで かきましょう。Bye bye..
2008年02月13日 22:07
はじめまして.今後もどうぞよろしくー.

濁音と半濁音とを見間違えるということはあるかもしれませんね.
「ド」と「ト」の場合は,濁音のある/なしなのですが,同程度に見間違えるものなのかなぁ.
それと,見間違いだとすると,カタカナだけでなく,ひらがなにもまったく同一の現象が起こりそうですが,ひらがなの場合はあまりみかけない気がします.
「えどばくふ」を「えとばくふ」と書くような現象もありそうですか?

ある人は,「プロパティ」を「プロバディ」と書いていたのですが,声に出したときに指摘されて,見間違いに気づいたそうです.
「デットライン」は,声に出しても指摘されづらいのかも知れないですね.
あるいは,まだ声に出していないか... .
とはいえ,「デッド」は,よく見聞きする単語だし... 不思議です.
2008年02月13日 22:12
ところで「idiot」という言葉を,どういう意図で使っていますか?
のぐち
2008年02月14日 06:07
昔So-netで働いていたとき、ネットエスケープと書いてくるお客さんが大勢居たなぁ。知らない単語は脳内変換されてしまうのではないでしょうか。

外来語をカタカナで書くのがバカのすることで、アルファベットで書けという意見こそバカだと私は思います。このブログの主旨は表記の揺れではないですしね。
2008年02月14日 14:48
「インストロール」のほうは,そんな感じですね.
「デット」と「デッド」だと,「デッド」のほうが知っている単語になる気がするので,不思議です.
でも,「デット」と書く人は結構いるみたいです.

Harry さんは,母国語が日本語ではない方のようなので,何か思うところがあるのでしょう.
(私も,のぐちくんと全く同じことを思いました.)
2009年02月13日 07:06
「ビックカメラ」も、日本人には「ビッグ」って言いにくいだろうということで、あえて「ビック」にしたらしい。
「マクドナルド」も同じような理由であえてカタカナ読みにしている。

日本人は濁音の子音を母音抜きで単独で発音することになれていないのではないでしょうか。
濁音のない(清音とかいうんだっけ?)子音だと、日本語でも母音抜きで発音することが頻繁にありますからね。
それで外来語の濁点が抜けてしまうのでは。
2009年02月15日 22:06
その現象はわかるのだけど,「デット」の場合はそれで説明がつく気がしないなぁ.
「ビックカメラ」は,「びっくりカメラ」と語呂が近いこともあるから,「ビッグカメラ」より言いやすいほうに寄るけれども,「デットライン」が「デッドライン」よりも言いやすかったり,なじみやすいような気がしないんだよねぇ.
むしろ「デットライン」って「デッドライン」よりも言いづらくない?(^^;).
しかも「デッド」と違って,なじみがなさそうだし.

なんとなく,特殊な現象(事情)のような気がしたので,この記事を書きました.