マコト → 724

あぁー,ようやくわかった.
時かけアニメの 1 シーン.
コウスケが,マコトの自転車をかりて,チェーンロックをあけるところ.
携帯電話のボタンに見立てて,

マ → 7 を 1 回
コ → 2 を 5 回
ト → 4 を 5 回

ということ?
わかった,といいつつ,わかってない(^^;).


しかし,メールを「津田拝」で締める高校生なんかいるかよー(笑)

そういえば,「草々」で締めるときは,「前略」のような頭書きがないとヘンなんだけど,気づいていない人が多いなぁ.
中途半端に使われると,恥ずかしいよぅ.

この記事へのコメント

なるひこ
2008年03月01日 01:11
わりと分かりやすいのは↓ですかね。
http://www.nengasyotyuu.com/mamechishiki/letterbashic/index.html

でも、辞書的意味では「草々」は「手紙の末尾に添えて、走り書きしたことをわびる気持を表す語」なので、礼儀はともかく、頭語がなくても論理的には許せる気はする (走り書きしたんだから頭語もねーんだよってコト)。
ま、オイラもムズムズするんですけどネ。
2008年03月01日 21:32
「取り急ぎ」の走り書きならまぁいいけれども,普通のゆったりした文面の「ご案内」だったりすると,ちょっとなぁ... .
挙げてくれた URL にも,「対になっており、組み合わせに決まりがあります。」とあるのだから,通常は対にして使うものなのでしょう.

あ,それこそ,「津田拝」で締めればいいのかも.これは,独立して書ける結語だと思う.