どちらが導入の敷居が高い?

Flash を見るために Flash Plug-in(Flash Player)をインストールするのと,
Java Applet を動かすために JRE をインストールするのと,
どちらが敷居が高い?

この記事へのコメント

なるひこ
2008年08月11日 01:04
細かい裏はとってませんので、まちがってたらゴメンなさい。

Windowsならどっちも変わらないかな、という気がします。
Sun純正JREじゃなきゃダメというわけじゃなければ、WindowsにもJavaのエンジンは入っていたような気がするので(というか、普通にアプレットを起動するために何かを入れた記憶がない)。
Flush のインストールも質問にOKすればよいだけだから楽だし。

Macはよく知りません。

Linux/Unix については、ディストリによっては Adobe Flash はパッケージとしてインストールできないと思うので、普通に入れると互換 Plug-in ということになり、ちょっと敷居が上がるような気がします。

ただ調査会社 NetApplications の結果によればUserAgentベースでの調査結果によるWindowsのシェアは90%を越えているので、Windowsだけ考えておけばいいって言えばそのとおりなんですけどね。
2008年08月11日 20:24
対象を書かなかったけれども,今回は 「WindowsXP を使う高齢者」といったところです.
Windows にも Java の VM は入っているらしいけれども,実際には素の IE で JavaApplet は動かないので,JRE をインストールしないといけない.ということで,スタート地点は,JavaApplet も Flash も同じになります.

さて,どちらにしても追加でインストール作業をしなければいけないのだけど,「どちらのほうが作業の難易度が低いだろうね」という話になって,私は「Flash でしょー」と主張したのだけど(「質問にOKすればよいだけ」だものねぇ),ある指導員さんが「JavaApplet だ」といってきかないので,ここでメモ書きをしてみました.
JavaApplet だと,間違って複数起動したときにおかしくなりがちだとか,あとあとも面倒だから,そういう点でも Flash のほうが楽だと思うのだけどねぇ.
なるひこ
2008年08月11日 20:47
なるなる。
その条件ならオイラも Flash (さっきのコメントだと綴り間違えてた) に一票ッス。
2008年08月15日 17:48
だよねぇ... .
まぁ,私はもうそこに呼ばれることはないだろうから実害はないのだけど,多様なスキルがあるのだなぁということを知りました.