FPGA 入門本

HuMANDATA LTD のと迷うけれど,ひとまず,このへんか?
帯に短し,たすきに長しのような気もするけれど,ひとまず.


FPGAボードで学ぶ論理回路設計 (単行本)

FPGAボードで学ぶ論理回路設計
CQ出版

ユーザレビュー:
初心者に優しい本だと ...
習うより慣れられる教 ...
論理回路入門に最適  ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




FPGAボードで学ぶVerilog HDL (単行本)

FPGAボードで学ぶVerilog HDL
CQ出版
井倉 将実

ユーザレビュー:
Verilog初心者 ...
かゆいところに手が届 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ




「~論理回路設計」のほうが評判がいいけれども,とりあえず,Xilinx の石が載っている基板がついている「~Verilog HDL」にしてみる.
「~Verilog HDL」のほうが 500 円くらい安い,発刊時期が新しい,ALTERA じゃなく,Xilinx の石が載った基板つき,レビューに書いてあることは,私は気にならない.


ところで,レビューのところに

本書程度の値段で安価なFPGAボード+FPGAプログラマ+解説書を買っておつりが来ますし、もう少しお金を出せばメーカー製の評価ボードも入手可能ですので

とあるのだけど,本当に買えるのかなぁ?


ほぼ同じ値段でHDL-10が買えることを考えると


HDL-10 って,CPLD じゃなかったっけ?
まぁ,FPGA も CPLD も似たようなものではあるけれども.
でも,ちょっと違うよねぇ,経路計算とか.

==

OpenCores
http://cancoffee2.at.webry.info/200810/article_45.html

この記事へのコメント