アニメの「あしたのジョー」は,昭和 46 年ということになっているのか.

画像


「あしたのジョー」を 67 話まで観た.

アニメの「あしたのジョー」は,時代背景として,昭和 46 年ということになっているのか.
放映された当時そのものが昭和 46 年だったんだな.
(Wikipedia にも 1971 年前後くらいに放送されたことが書いてある)

それにしても,このあたりの話は,「あしたのジョー2」とだいぶ違っている.
「あしたのジョー2」では,サチがジョーのドサ周り先を知ったのは,ジョーが帰ってきてからだった.
大洗(おおあらい)を聞き取れずに,「おおわらい?」と聞き返した場面をおぼえている.
「あしたのジョー」では,ジョーからハガキが届いて,それを太郎に読んでもらって知った.

私は,このあたりの話は,「あしたのジョー2」でしか観ていなかったので,子どもたちが大洗に押しかけていく話は新鮮だった.
「あしたのジョー2」では,子どもたちはジョーが帰ってくるまで辛抱強く待っていたことになっていたから.


==

「あしたのジョー」を 63 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200902/article_45.html

「闘犬用に育てられた "かませ犬"」
http://cancoffee2.at.webry.info/200902/article_43.html

「あしたのジョー」を 62 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200902/article_42.html

「セコンドがタオルをリングに投げ入れると,TKO 負け. 」
http://cancoffee2.at.webry.info/200902/article_8.html

「あしたのジョー」を 57 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200901/article_165.html

「神聖な負債」って,重たい言葉だなー.
http://cancoffee2.at.webry.info/200901/article_155.html

「あしたのジョー」を 55 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200901/article_154.html

「あしたのジョー」を 47 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200901/article_19.html

「あしたのジョー」を 45 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200901/article_16.html

「あしたのジョー」を 43 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200812/article_280.html

「あしたのジョー」を 40 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200812/article_256.html

「あしたのじょー」を 35 話まで観た
http://cancoffee2.at.webry.info/200812/article_129.html

「あしたのジョー」を 31 話まで観た
http://cancoffee2.at.webry.info/200812/article_62.html

「あしたのジョー」を 26 話まで観た
http://cancoffee2.at.webry.info/200812/article_7.html

「少なくともあしたのジョー誕生時の5年前にはすでに橋はなかったことになります。」
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_255.html

泪橋のあったところ
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_254.html

あしたのジョーって,変則的な毎週放送だなぁ
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_150.html

「あしたのジョー」は,タレントを声優として使ったアニメの "走り" のひとつかもなぁ
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_107.html

あしたのジョー 19 話を観た
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_106.html

カートゥーン・ネットワークで,あしたのジョーを放送している
http://cancoffee2.at.webry.info/200811/article_92.html

この記事へのコメント