「最高速」に設定しておくと,半分の速度になってしまう.

なんだかヘンに遅いなーと思って CPU メータを起動してみたら,1.6Ghz 動作の CPU なのに,どんなに負荷をかけても 0.8Ghz でしか動いていなかった.
いろいろと試行錯誤したところ,BIOS の設定とは関係なく,Vista 上の電源管理ソフトで CPU 速度設定を「最高速」に設定しておくと,半分の速度になってしまう,ということがわかった.
これを「自動」に設定しておくと,負荷をかけたときに,ちゃんと 1.6Ghz までクロックが上がる.
負荷がかかっていないときは,だいたい 0.8Ghz まで落ちる.

これって,電源管理ソフトウェアのバグのような気がする.
Lenovo 提供のソフトなのか,Vista に入っている MS 提供のソフトなのかはわからないけれども.


この記事へのコメント