「TSCC」を 31話(最終話)まで観終えた.

「TERMINATOR THE SARAH CONNOR CHRONICLES」を 31話(最終話)まで観終えた.

なんだか 31話でまとめ切れなかったような印象を受けた.
これって,本当は,31話で終わらす予定じゃなかったんじゃないかなぁ.
デレクは,あまりにもあっさり殺されてしまうし.

それと,途中で,プロットを変えたような印象もある.
微妙につじつまが合わないような.
伏線を拾いきれなかったのは,確かだよねぇ.

結局,ゼイラ社の女社長は,なんのために存在しているのか,よくわからん.
本編の T2 までは何年か前に観てあるけれど,T3 とか T4 を見ればわかるのかなぁ.


それにしても,うーーーーーーん,「疑心暗鬼になる人間の精神」を描きたかったのかもしれないけれど,セカンド・シーズンは「サラ・コナーがバカ過ぎ」で,あんまり気分はよくない.
「それって,自業自得だよねぇ?」という感が拭えない.
状況判断を間違いまくるし,敵と味方を区別できていないし,無駄に横柄だし.
なんというか,「サラ・コナーが,本来なくて済んだ災難をわざわざ起こして,周辺人物を巻き込んで,ときに周辺人物を死なせて,ようやく災難を沈下させてジョン・コナーに不平不満を言う "自己満足物語(実際は,何も満足できない)"」という印象.
もう少し,サラ・コナーを賢い人に設定したほうがよかったんじゃないかなぁ.

「TERMINATOR」は,「理不尽に災難に巻き込まれて,それを切り抜けて生き延びる」ところが,私には爽快感があるのだけど,この「THE SARAH CONNOR CHRONICLES」は「自業自得の災難」が非常に多い気が私にはした.


キャメロン役の女の人(Summer Lyn Glau)の機械のような演技がすごくうまい.
そこはかなりの見どころ.

Summer Lyn Glau
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC


あと,少し英語がわかる人は,吹き替え版ではなく字幕版のほうを観たほうがよさそう.
字幕はかなりセリフを端折ってあったので,吹き替えのほうもかなり端折ってあるんじゃないかと思う.
割と大事なセリフを端折ってあったり,かなりニュアンスの違う日本語をあててあったりしたので,元の会話を,単語レベルでも聴いたほうがいいと思う.




ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [Blu-ray]|TERMINATOR:THE SARAH CONNOR CHRONICLES SEASON 2
DVD-outlet
『ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [


楽天市場 by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




ターミネーター : サラ・コナー クロニクルズ 〈セカンド・シーズン〉 コレクターズ・ボックス [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ
2009-09-30

ユーザレビュー:
何度も見るべき作品  ...
当初の数話は面白かっ ...
面白い!!!が…シー ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る




==

TERMINATOR は,泳げないのか.
http://cancoffee2.at.webry.info/200911/article_115.html

「TERMINATOR THE SARAH CONNOR CHRONICLES」を 10話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200911/article_9.html

「TERMINATOR THE SARAH CONNOR CHRONICLES」を 9 話まで観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200908/article_64.html

「TERMINATOR THE SARAH CONNOR CHRONICLES」の 3 話を観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200907/article_3.html

「TERMINATOR THE SARAH CONNOR CHRONICLES」の 2 話を観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200906/article_117.html

「TERMINATOR THE SARAH CONNOR CHRONICLES」の 1 話を観た.
http://cancoffee2.at.webry.info/200906/article_111.html










この記事へのコメント