「Open JTalk - HMM-based Text-to-Speech System」

「Open JTalk - HMM-based Text-to-Speech System」
http://www.sp.nitech.ac.jp/demo/open_jtalk/index.php

「Open JTalk」
http://open-jtalk.sourceforge.net/



苔でこける.



おぉっ!




宮殿に給電.



若干,終止感がない.「給電」が名詞として解釈されちゃうのかなぁ?




徒然なるままに,日暮し硯に向かいて,心に移りゆくよしなしごとを,そこはかとなく書きつくれば,あやしゅうこそものぐるほしけれ.



かなりなめらか.抑揚をもうちょっと調整したいところ.「あやしゅう」は,どう書いたら「あやしゅう」と発音してくれるのだろう?




行く川の流れは絶えずして,しかももとの水にあらず.よどみに浮かぶ泡沫は,かつ消え,かつ結びて,久しくとどまりたるためしなし.



かなりなめらか.抑揚をもうちょっと調整したいところ.




祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり,沙羅双樹の花の色,盛者必衰の理をあらわす.



あれ,「必衰」が発音されていない.




祇園精舎の鐘の声,諸行無常の響きあり,沙羅双樹の花の色,盛者ひっすいのことわりをあらわす.



もうちょっと,なんとかしたいところ.




天空に連なる七つの星の下,一子相伝の北斗神拳を巡って,悲劇は,繰り返される.



やはり,読みを推定するのって難しいねぇ.再翻訳ループでうまいことできないかな?




天空に連なる七つの星のもと,一子相伝の北斗しんけんを巡って,悲劇は,繰り返される.






抑揚や話速を自分好みに調整しようとするときは,MusicXML で書いて Sinsy に "しゃべらせて"しまったほうが,実は細かい調整ができるのかもしれないですねー.


==

Sinsy サイトの MusicXML も,ぼーか郎で歌えるようにしました.
http://cancoffee2.at.webry.info/201001/article_26.html

Cubase 4 の MusicXML 書き出し処理にバグがあるっぽい.
http://cancoffee2.at.webry.info/201001/article_25.html

Sinsy を試させていただきました.
http://cancoffee2.at.webry.info/201001/article_2.html










この記事へのコメント