「インクジェットプリンタのように皮膚を「印刷」して火傷を治療する装置が実用化間近」

「インクジェットプリンタのように皮膚を「印刷」して火傷を治療する装置が実用化間近」
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100412_inkjet_operation/



治療では、まず皮膚の一部を採取し、線維芽細胞やケラチノサイトなどといった諸細胞に分離。培養地で増殖させた後、インクジェットプリンタによく似た散布装置にセット、レーザーで火傷の深さ・大きさをスキャンしながら、適切な量の皮膚細胞を吹き付けます。

吹き付けられた皮膚細胞には分化能力をもつ幹細胞も混じっているため、患部の毛包や皮脂腺など、皮膚を構成する様々なパーツもまた回復していきます。



ティッシュ・エンジニアリングって,ここまできているのかー.










この記事へのコメント