「エルピーダなどに罰金 半導体10社がカルテル、370億円の罰金」

「エルピーダなどに罰金 半導体10社がカルテル、370億円の罰金」
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100519/crm1005192153045-n1.htm



 欧州委によると、10社は1998年7月から2002年6月にかけて、パソコンやサーバーに使用されるDRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)の欧州市場での販売をめぐり、接触を繰り返して価格や出荷量を調整した。
 日本企業は、エルピーダのほか、同社を設立した日立製作所とNEC、さらに東芝、三菱電機の5社で、罰金は合計約7557万ユーロ。


1998年7月から2002年6月頃って,確かに,ヨーロッパに限らず,量も値段も "それなり" だったような気がする.

それにしても,この種のお話は,8年くらい前のことにも遡及できるわけね.



 ただ、カルテルに加わっていた米マイクロン・テクノロジーは、カルテルの存在を欧州委に通報したことが評価され、罰金を100%免除された。


7557万ユーロだから,80憶円~90億円くらいかな.
それを 5社で割ると,17億円くらいか.平均すると,それくらい.
この行為が,今後,よく働くか悪く働くか.










この記事へのコメント