「震度 5 弱」という表現は,別におかしくないんじゃないかなぁ?

どこのブログが忘れてしまったけれど,緊急地震速報システムが誤報を出した頃に,「『震度 5 弱』という表現は,違和感がある」という記事が載っているブログがあった.
その記事の主旨をざっとまとめると,


『100弱』と聞けば,『95~98』くらいの値を思い浮かべる.

『100弱』→『100より少し小さい値』

『震度5弱』→『震度5より少し小さい揺れ』

『震度 5 弱』が『震度 5』というラインを超えているのは違和感がある.


というようなことだったと思う.
細かいところは,いろいろと違ってしまっているかもしれない.

私は,この人の言うことは,「気持ちとして」わかるけれど,「ちょっと日本語センスが弱いですね」と思う.
だって,「震度 5 弱」の "5" は,「100 弱」などのときの "100" と違って「値」じゃないもの.
たまたま,クラスネームに "5" という数字を使っているだけの話で.

「震度 A, B, C,... 」と言ってもよかっただろうし,現在の表記と逆に,揺れの大きいほうから「震度 1, 2, 3... 」言ってもよかったわけだし.

--

でも,不思議なのは,クラスネームなのか,代表値なのかの区別が,迷うことなくできてしまうこと.
慣れ以外に,何か構文上の理由がありそうな気がしなくもない.

"「震度 5 弱」という表現は,別におかしくないんじゃないかなぁ?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。