パケ・ホーダイ ダブル を申し込んでみた

パケ・ホーダイ ダブル を申し込んでみた.
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/pake_hodai_w/index.html


500ポイントを電池パックと交換するときに,おねーさんがついでに説明してくれたので気づいたのだけど,パケ・ホーダイ ダブル に申し込める条件を少し誤解していた.
「新料金プラン」というのは,「バリュープラン以降のプラン」のことではなく,「旧 FOMA プラン以外」のことを指すのだそうだ.
「旧 FOMA プラン」というのは,「FOMA プラン 39」などの,mova, FOMA 混在時代のプランのことらしい.
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_plan/foma/index.html

ということで,ベーシックプランのプランSS の私も申し込めることがわかった.
パケ・ホーダイ ダブルは,パケット料金単価としては,

パケットパック30(0.0525) < パケ・ホーダイ ダブル(0.084円) < パケットパック10(0.105円)

で,基本料金としては,

パケ・ホーダイ ダブル(1,029円) < パケットパック10(1,050円) < パケットパック30(3,150円)

なので,今現在パケットパック10 を契約している人は,特別な事情がない限り,パケ・ホーダイ ダブルに切り替えたほうが得.
特別な事情としてありうることは,パケ・ホーダイ ダブルとパケットパック10 との「対象通信の差異」と「無料通信分の扱いの差異」に起因していて,

1.
パケットパックでは対象通信になっていた,「音声通話 」,「ショートメッセージサービス通信」,「デジタル通信(テレビ電話・Vライブ・64Kデータ通信) 」ほかいくつかは,パケ・ホーダイ ダブルでは対象にならない.
たぶん,上限定額にならないだけじゃなくて,おそらく,通常のパケット料金単価で計算されるのだと思う.

2.
パケットパックでは無料通信分が「音声通話」ほかいくつかの通信にも使えたけれど,パケ・ホーダイ ダブルでは使えない.

3.
パケットパックでは無料通信分が「2ヶ月くりこし」できたり,「ファミリー割引」のメンバーで分け合えたりしたけれど,パケ・ホーダイ ダブルでは,それができない.

ということがある.

ということで,無料通信分で音声通話料金をやりくりしていたなどの事情がある人などは,損することもありそう.

でも,私の使い方では,あきらかにパケ・ホーダイ ダブルのほうが得.
というより,パケットパック・シリーズの通常の恩恵を受けているほとんどの人は,パケ・ホーダイ ダブルに切り替えないと損すると思う.

と,ここまで↑を,おねーさんの説明中に概算したのだけど,「そしたら,パケットパック・シリーズが存続する理由ってなんだ?」という疑問が消えなかったので,その場では申し込まなかった.

さすらいの料理人 T も,ほぼ同じ説明を私の背後のほうで別のおねーさんに受けていたらしいけれど,彼によると,パケットパック・シリーズは,もうじき廃止される予定なのだそうだ.ほほー,なるほど.
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/discount/packet_pack/index.html

「パケットパック10」「パケットパック30」は2008年12月31日をもって新規申込み受付を終了いたします。




ということで,帰宅してからパケ・ホーダイ ダブル を申し込んでみたのでした.

(追記)
方針がえして,「タイプSS + パケットパック10」に戻す
http://cancoffee2.at.webry.info/200810/article_226.html

「タイプSS+パケット割引」比較
http://cancoffee2.at.webry.info/200810/article_43.html

ちょっと待った.パケットパック ダブル と基本使用料に含まれる無料通信分
http://cancoffee2.at.webry.info/200810/article_42.html


==

パケ・ホーダイ ダブル
http://cancoffee2.at.webry.info/200809/article_140.html

"パケ・ホーダイ ダブル を申し込んでみた" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。