「Amazon Kindle、米国外からも自費出版可能に。印税35%」

「Amazon Kindle、米国外からも自費出版可能に。印税35%」
http://japanese.engadget.com/2010/01/19/amazon-kindle/


自費出版可能なところは惹かれるけれども,やっぱり,私は Kindle という端末に魅力を感じない.
職場とか,一般家庭とかで,この端末が普及している姿を想像できないんだよなぁ.
E Ink の電気泳動ディスプレイには興味があるけれども.


iPhone 用アプリは,すでに出ているようだけど,そういうアプリが,多種多様な端末用にリリースされて,かつ,購入者が購入本をどの端末でも読めるような仕組みがないと,普及しづらいんじゃないかな?

eBookJapan
http://www.ebookjapan.jp/ebj/

eBookJapan の「トランクルーム」という仕掛けは,私はかなりいいと思う.
いまのところ,iPhone や Windows Mobile 端末で読めない書籍が多いけれども,その制約がなくなれば,電子書籍としてかなりいいシステムになると思う.
あとは,eBookJapan で一般人が出版できればなぁ.

Amazon Kindle では,楽譜がいくつか購入できるけれども,eBookJapan には,楽譜はまだない.
そこもちょっと改善の余地があるところ,かな.


==

「LGの19型電子ペーパー、新聞紙風」
http://cancoffee2.at.webry.info/201001/article_55.html











"「Amazon Kindle、米国外からも自費出版可能に。印税35%」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。