「継続は力なり」は,必ずしも真ではなくなったと思う.

「継続は力なり」は,必ずしも真ではなくなったと思う.

ダメさ加減が昔とはかなり違ってきているので,ダメなところには長く居てはいけない.
続ければ続けるほどに状況が悪くなるところが増えてきている.
本人の物理的な年齢も,続けるほどに上がっていってしまうわけで,「継続は,デメリットなり」になる.

ダメなところを "ダメだ" と識別できずに継続し続けてしまう人を,私は低くしかみれない.


==

「自動車学校教官が事故、教習トラックで男性はねる」
http://cancoffee2.at.webry.info/201005/article_81.html

「薬の福太郎」に,感心な若者店員がいた.
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_120.html

「若者のなんとか離れ」よりも「中高年の現実離れ」のほうが問題.
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_108.html

「ゆとり教育世代をバカにする "使い物にならない管理職世代"」の典型例か.
http://cancoffee2.at.webry.info/201004/article_19.html

ゆとり教育世代の若者よりも,その世代をバカにする管理職世代のほうが使い物にならない.
http://cancoffee2.at.webry.info/201003/article_182.html

山崎バニラみたいな人が,少なくなったなぁと思う
http://cancoffee2.at.webry.info/200809/article_28.html

高校生のほうが立派
http://cancoffee2.at.webry.info/200804/article_86.html

「日本人は乗っていませんでした」じゃなくてさ
http://cancoffee2.at.webry.info/200605/article_285.html

直球好き
http://cancoffee2.at.webry.info/200605/article_172.html










"「継続は力なり」は,必ずしも真ではなくなったと思う." へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。